青汁

高機能な青汁が選ばれています!

主婦 画像

青汁は昔から野菜の栄養素が簡単に摂れると人気がありますね。
原材料の青葉もケールしかありませんでしたが今では原料の青葉の種類も増えています。
加えて野菜の栄養素に色々な効果をプラスした青汁が人気です。
毎日飲んでも飽きが来ない美味しさと続けやすい価格にこだわって、人気のある青汁を選んでみました。
飲みたいけれどどの商品を選べば良いのか決めかねている方はぜひ参考にして下さい。

 

▼青汁の購入を考えた時に特に気になる「コスト」・「飲みやすさ」で徹底比較した結果、下記ランキングにしました。▼

人気の青汁総合ランキングはこちら

コストで選ぶ青汁ランキング

青汁満菜

コストでは一杯当たり約100円ととても手軽に始める事ができます。1杯当たりのコストでは菜善青汁が安いですが3か月分まとめて購入する必要があります。その意味でえがおの青汁満菜をコスト比較で1位にしています。


また味も、一般の青汁は主原料にケールを使っていることが多いため独特のえぐみがあり飲みづらいですが、えがおの青汁満菜は大麦若葉を主原料にすることで飲みにくさをなくし、まろやかな味わいなので飲みやすいのが特徴です。

コストだけでなく、味、原料でも一番バランスが取れた青汁です。


 えがおの青汁満菜の詳細をみる


1位 コスト 1位  えがおの青汁満菜  …102円/1杯 (初回購入価格3,150円)
2位 コスト 2位  菜善青汁  …80円/1杯 (初回購入価格7,140円
3位 コスト 3位  エバーライフおいしい青汁  …105円/1杯 (初回購入価格3,150円)
4位以降(比較詳細)  コストの比較ランキング(計算式)詳細を見る
飲みやすさで選ぶ青汁No1

やわたの青汁

甘味があり、飲みやすさが特徴の青汁です。ケールは栄養価が高いですが、苦みが強く昔ながらの青汁という味です。
やわたのおいしい青汁は栄養価も高くて味も甘味があり飲みやすい大麦若葉を主原料として、栄養価の高いケールも配合、または緑茶など8種類をブレンドするで、甘さを残しておいしく飲めるけど、栄養価も高いという青汁になっています。

はじめての方や、子供さんには一番おすすめできる青汁です。


 やわたのおいしい青汁詳細をみる


1位 飲みやすさ 1位  やわたのおいしい青汁  …大麦若葉が主原料
2位 飲みやすさ 2位  美感青汁  …マンゴー味のジェルタイプ
3位 飲みやすさ 3位  ふるさと青汁  …明日葉が主原料 →甘味が苦手は大人におすすめ
4位以降(比較詳細)  飲みやすさ比較ランキング詳細を見る

売れ筋商品を購入して飲み比べをしました!

人気商品を実施に購入して幅広い年齢層で飲み比べしました。
定年後のおじいさんから、小学生まで幅広く飲み比べて感想を紹介していますので、これから購入を考えている方にはとても参考になるかと思います。
独自の飲み比べスコア表を作成し、250点満点(50点×5人)で点数もつけています。
(⇒青汁飲み比べ座談会・スコア表の詳細はこちら

 

青汁飲み比べ座談会イメージ画像

青汁満菜

・総合青汁スコア【206】
やわたの青汁は甘くて子供でも飲める、ふるさと青汁は明日葉苦みが少しあり甘味が苦手な大人の男性には合うという感想が多く、えがおの青汁満菜はその2商品の間のイメージ。無糖ながら若干の甘味があるが、甘すぎず青汁感もの残っています。飲み比べの結果一番バランスがいい青汁でした。

 

 えがおの青汁満菜詳細をみる

 

1位 総合ランク 1位  えがおの青汁満菜  …青汁スコア【206】
2位 総合ランク 2位  美感青汁  …青汁スコア【205】
3位 総合ランク 3位  やわたのおいしい青汁  …青汁スコア【203】
4位以降(比較詳細)  飲み比べ座談会の詳細を見る

青汁購入で迷っている方必見です!

 

青汁イメージ画像

「青汁」は、野菜をそのまま絞ったもので、非常に高い栄養価を持っています。
青汁と言えば俳優の八名信夫さんが出演していたCMの「まずい!もう一杯」というフレーズが有名です。
つまり、野菜の持つ栄養価をまるごと補給できる青汁は体に良いとわかっていても、「青汁はまずい」という先入観が浮かんでしまうものです。
これは、八名信夫さんの「まずい」があまりにもインパクトがあってたことにもありますが、青汁が「まずい」のは昔の話であり、現在は決してそのようなことはありません。
まず、「青汁」という商品ですが、実は非常に多くのメーカーが開発し商品を展開しています。
「汁」という単語が使われていますが必ずしもドリンクタイプというわけではなく、中には粉末状になっているものや、サプリメントなどのような錠剤タイプのものもあり、いかに手軽に栄養成分を補給できるかという点において様々な工夫が凝らされています。
粉末状になっているものの場合、ドリンクタイプのものに比べて持ち運びがしやすいというメリットがあります。1回分の分量も小さな袋に小分けされていることが多いので量を間違えるということもなく、手軽に青汁の成分を補給することができます。ただ、そのかわり青汁を作るためには粉末を混ぜるための水やお湯が必要であり、「いつでもどこでも」青汁が飲めるというわけではないというデメリットがあります。青汁の中にはサプリメントのように錠剤になっているタイプのものも存在します。
このようなタイプの場合であれば、液状になっているものに比べ携帯しやすく、旅行などにも無理なく持ち運ぶことができます。
また、中には水なしで飲めるものもありますので、粉末タイプのものに比べ場所を選ばずに青汁のもつ成分を取りこむ
ことができます。青汁を購入する際には、こうした飲みやすさなども選ぶ際の判断基準として考えておくと良いでしょう。
そして、最も重要な点といえばやはり「味」です。青汁は1杯や2杯飲んだからといってすぐに体の健康に反映されるというわけではありません。
やはり継続して青汁を飲むことで、日々の健康に役立てることができるのですが、どんなに体の健康にとって有効なものだといっても、味が美味しくなければ続けることはできません。最近の青汁メーカーもそうした点に対して興味深く考えているようで、現在市販されている青汁のほとんどが飲みやすい味わいを感じられるような工夫が凝らされています。もちろん従来通りの青汁のそのままありますので、「まずい〜」とやりたい人はそちらの青汁を選択すると良いでしょう。
さて、この青汁はどこで売られているのか?
一部を除きスーパーやコンビニで青汁が手に入ることはなく、多くの場合はインターネットや雑誌の付録などでその存在と効用を知ることができます。
基本的には毎月決められた時期に青汁が届けられますので、後はそれを飲んでいくだけです。
手軽に野菜のもつ栄養を補給できる青汁は、健康的な生活をおくるえで欠かせない様々な栄養素を持っています。

必要に応じて量を減らすなど、自身の体調やライフスタイルに合わせて飲み方を変えてみるのもおすすめです。